出雲のローカル情報をお届けします。

ちまきの巻

今年もちまきの季節がやってまいりました。

毎年、笹の葉を頂くのですが、やはり今年は雨も少なく葉っぱが小さい!

この前三刀屋にでかけた時は、まだまだ笹が小さいな~と感じました。

この笹↓↓↓は頓原産。

地元の自然の恵み大変ありがたいですよね。

DSC_0143

小さくても巻きます。ちまきが大好きですから♪

ちまきは、地方によって▲のカタチのものや出雲地方のような細長いタイプのものがあります。wikipediaで調べたらもともと中国で作られた料理で、日本へは平安時代頃に伝わったと書いてありました。そういえば▲タイプは中華ちまきに似ていますよね。

笹の葉の種類は熊笹。熊笹は体に良い効能がたくさんあるんですよ。

体臭と身体にいいってことは、薬剤師の方から聞いたことがあります。

体臭が気になるお父さん熊笹エキスをどうぞお試しください。

その熊笹を使って、子どもの頃から慣れ親しんだ細長いタイプのちまきを作ることに。

まずは、だんごの粉をこねこねします。

DSC_0142

だんごの粉を丸めたものにブスりと笹の茎を刺し、キレイに洗った笹の葉で巻いていきます。

この巻き方にも色々あり、家庭によって違うんです。そこがまた面白い!

DSC_0148

食べ方もきなこ派と砂糖醤油派に分かれます。

ゆでたては笹の香りがして、なんともいえない旬の味。

幸せを噛み締める。

DSC_0163

しかし、この巻き方や笹の葉に巻いて食べるなんてことを考えた昔の人はすごいな~としみじみ・・・

今にまで伝わっていることに感謝。

bn0502

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
No articles